【ナンパ成功!?】仏像が木の中に眠るアユタヤ遺跡をポルトガルの女性と旅する

こんにちは、モトです。

僕の好きな映画、「幸せのキセキ」(英語のタイトルはWe Bought a Zooです)で勇気について話すシーンがあります。

ほんの20秒でいい。君に必要なのは20秒の勇気だ。文字通り20秒のちょっと恥ずかしくなるような勇気なんだ。 僕は約束しよう。きっとなにか素晴らしいことが起こるはずだ。

ベンジャミン・リー

そう、20秒間だけでいい。ちょっと勇気を振り絞ってみる。

幸せへのキセキ

前回からのあらすじ

バンコクに1週間滞在。ゲストハウスでバングラデシュ人とアメリカ人の友達ができる。旅は、一人で楽しむのではなく、誰かと楽しみを分かち合う方が有意義であることを再確認。現在地はアユタヤ。

ポルトガルの女性をナンパする

僕が彼女と出会ったのは、1301ホステルズ・アユタヤ。

おおきなバックパックを前と後ろに1つずつ背負い、手にはバックも持っていた。女性にはめずらしく一人で旅をしているようでした。

とくに何も考えず、僕は彼女に挨拶をしました。彼女は優しそうな笑顔を返してくれた。

僕は庭にあるテーブルに座りパソコンをいじる。彼女はタバコを吸いに、河の流れを見にくる。世間話をする。どちらから話しかけたかは、覚えてないけど、海外旅行するとよくある話。

会話はおもに、どこの国から来たのか、名前はなんというのか、そして次はどこへ行くのか。そういうことです。

で、急にこう思い始めました。この人とアユタヤ観光をすれば、面白そうだな。

そして映画のフレーズを思い出しました。20秒だ。

モト
今日はどこに行きますか?
マルタ
アユタヤ遺跡の観光よ。私は今夜チェンマイに行くから、今日一日でアユタヤを楽しみたいの
モト
いいですね、僕も観光に行きます

20秒を思い出せ

モト
あのう
マルタ
なあに
モト
もし構わないようだったら、一緒に観光したいのですが
マルタ
ええ、もちろんいいわよ。2人の方が楽しいに決まっているものね

かくしてポルトガルの女性とアユタヤ観光に行くことになる。

アユタヤはどこ?

バンコクのファラボーン駅から電車で1時間30分、北に位置しています。

アユタヤはタイの首都だった

何も知らないまま観光をしたけど、アユタヤは昔のタイの首都でした。

アユタヤ王朝(1351年 – 1767年)は現タイの中部アユタヤを中心に展開したタイ族による王朝。創設者はラーマーティボーディー1世(ウートーン王)。王統は一つではなく、隣国の征服や重臣の簒奪で、5つの王家にわかれる。三番目の王家(1569-1629)は、スコータイ朝の王家の末裔である

ウィキペディア

ワット・ラーチャブーラナをみる

 

ワット・ラーチャブーラナは、1424年にアユタヤ王朝の王サームプラヤー(ボーロマラーチャーティラート2世)により創設され、父ナカリンタラーティラート(インタラーチャー1世)の王位継承による決闘で死に至った2人の兄弟の火葬場所に構築された[2]

ウィキペディア

まず驚くのが、遺跡の壮大感。でかい。

まるでギリシャのパルテノン神殿のようにでかいです。

マルタもそう言います。

マルタ
ほんとね、パルテノン神殿のようだわ。今はないけれど、ここにも以前は大きな柱がたくさんあったはずよ

仏像の顔が樹木に埋まっているワット・マハータート

ワットマハータートはタイのアユタヤ県・アユタヤ市にある仏教寺院の廃墟。木の根で覆われた仏頭で知られる。

ウィキペディア

樹木に仏像の顔が埋もれているこの場所は、ワット・マハータート。

マルタ
まるで樹木に仏像が守られているいみたい
モト
たしかに

彼女は面白いものの見方をする。

マルタ
ここの遺跡の仏像の多くは、頭部を破壊されているじゃない?だから樹木が、仏像の頭を守ってあげているのよ

アユタヤ遺跡の仏像の多くは頭部を破壊されています。ときには手足がない仏像もあります。

モト
でもどうして仏像の頭を破壊しちゃったんだろう
マルタ
争いがあったからよ。歴史をいえば、どの時代もまず襲撃されるのは、寺院や教会とか、知識が蓄えられている場所だわ
モト
なるほど

僕はあまり歴史を知らないのだけど、この話を聞いて思い出したのが、カンボジアの独裁者ポルポト。ポルポトが最初にはじめたことは知識人を殺害することです。理由は知識をもつ人がいると、反乱を起こされやすいと、彼は考えたから。

ワット・チャイワッタナーラーム

1630年にプラーサートトーン王が初めて自分の領地に建設した寺。母親の住まいの記念碑として構築された。

ウィキペディア(僕が翻訳してます)

  この遺跡も壮大な作りなっていて、圧倒されます。

マルタ
見て、仏像に足のあたりがゴールドの色が残っているわ

 

モト
ほんとだ

彼女は様々なことに気がつく。

マルタ
いまは、灰色の仏像になっているけど、当時は全身がゴールドだったはずよ。想像してみて、この仏像が黄金色だった頃を

仏像を眺めながら想像してみる。この仏像が黄金色に輝いていて、頭がある元の姿。

モト
きっとすごく特別な場所だったんだね
マルタ
ええ、そうよ

と彼女は微笑んでくれた。

おすすめ観光はレンタル自転車

ぜひ自転車をレンタルしてください。

アユタヤは思った以上に広いです。歩いて観光すると2つか3つしか観光スポットをまわれないです。

自転車を漕ぎ、風を感じてアユタヤ市内をまわるのも楽しいですよ。アユタヤは自然が豊で、バンコクに比べると静かな場所でした。

犬には注意!!!!

そこら中に犬がいます。犬が苦手な方は、絶対来ない方がいい。それくらいどこでも犬がいます。

実は僕らは10匹以上の犬に囲まれてしまいました。正直まじで恐かった。噛まれて狂犬病になった死ぬもんね。

公園みたいなところに自転車でつっこんだら、犬のテリトリーだったらしく、囲まれて吠えられました。

マルタが言うには、

マルタ
犬の目を見ちゃダメ。あと顔を引きつらせて、歯をみせてもいけない。威嚇していると思われちゃうから

彼女はサバイバル方法を本当によく知っている。

あとがき

一人で観光していたら、今回のようにアユタヤ観光を楽しめていなかったと思う。20秒の勇気を出して良かった。

彼女はすでにチェンマイ向かいました。偶然にも、僕も3日後にチェンマイに行きます。

幸せへのキセキ




スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ピースボートに乗船して17カ国で400人の外国人にモットーを聞いてまわりました。 旅の醍醐味は人との出会いだと信じています。 村上春樹とパールジャムといぬが好き。走ったり泳いだりしてます。