【旅の費用】2ヶ月間タイとラオスを巡るバックパッカーのお金

こんにちは。モトです。

大学の休みや仕事を辞めたタイミングで旅に出てみたい。僕は、多くの人がそうであるように、仕事を辞めて旅に出ました。

当初は費用が気になりました。一体いくら持って行けばいいのだろう?海外でお金がない状況なんて想像もしたくない、

とは言っても、僕は比較的ポジティブに物事を捉えます。おそらく20万円でどうにかなるだろう。結局、なんの根拠もないまま、旅に出ました。

いま旅を始めて2ヶ月間が経ちました。今なら言えます。タイを中心に旅するなら、2ヶ月間をたったの17万円ほどで旅をすることができる。

この記事では2ヶ月間の旅の費用の全体像を紹介していきます。

2ヶ月間のバックパッカー旅の費用は170,285 円(タイ・ラオス)

2ヶ月間で約17万円かかりました。お金がかかるのは、おもに食費と宿泊費と旅費交通費です。費用の約90%は、この3つで構成されています。

この記事では食費と宿泊費と旅費交通費について書いていきます。消耗品費などの費用は小額なので割愛します。

1. 2ヶ月間で食費は25,693円

パッタイ

タイのご飯は安くて美味しい。定番のパッタイ、カーオマンガイ、パッガパオムーサップ、パッパッブーンファイデーン、カオソイなど種類が豊富なのもいいです。そしてなにより安い。150円で満足できる食事ができます。

 

パッガパオムーサップとパッパッブーンファイデーン

たとえば、バンコクではパッガパオムーサップ、パッパッブーンファイデーンをよく食べていました。1食の値段は150円ほどです。食後にコンビニでコーヒーを飲めばかなり幸せな気持ちになれます。

カオソイ

チェンマイでは、カオソイをよく食べました。値段は150円ですし、チェンマイの定番料理です。チキンカレーヌードルですね。少し辛みがあって、美味しい。

カーオマンガイ

プーケットは少し値段が高いですけど、カーオマンガイをよく食べています。蒸したチキンとライスのことです。スープもつきます。おそらく豚骨スープ。

パッガパオムーサップ

また、コンビニでご飯を済ますときもあります。だいたい150円くらい出せば、お弁当が買える。僕はパッガパオムーサップをよく食べていました。

カップラーメン

他はカップラーメンをよく食べています。何もしなくても汗をかくような環境にいると、自然と味が強い酸味と辛みをほしくなるものです。

カップラーメンは、健康上は良くないけれど、暑い日に食べるとなかなか美味しい。日本では年に3回くらいしかカップラーメン食べないんですけどね。

ゲストハウスの朝食

もう一つ挙げると、ゲストハウスで朝食が出ています。

だいたい食パンとジャムです。品揃えが良い場所では、バナナやパイナップルといったフルーツも出してくれます。

僕が泊まったゲストハウスの半分が朝食付きでした。朝食の有無でゲストハウスを選んでいないので、これはたまたまです。

2. 宿泊費は32,799円

チェンマイのゲストハウス(MeU2)

1泊600円ほどで泊まっている計算になります。宿泊場所はゲストハウスです。これが安いんですよ。浅草にできたばかりのゲストハウスより、かなりクオリティは高いです。

僕はゲストハウスでアルバイトをしていた経験もあるので、ゲストハウスに対する抵抗感はないです。むしろ、ホテルよりゲストハウスに泊まりたい。友達ができやすいので。

たとえば、バンコクでは大抵のゲストハウスは650円ほどで宿泊できます。朝食や水がない場所が多い印象です。それでも650円で泊まれるので文句はないです。コンビニで水を買っても安いです。

なかでもファランボーン駅に近くにあるインステーションズホステルがおすすめです。記事にしているので、読んでみて下さい。

バンコクのおすすめ格安ホテル【アユタヤへ行く人向け】

2017年10月28日

チェンマイでは、オフシーズンだと1泊350円でした。これにはびっくりした。クオリティもバンコクで泊まったゲストハウスより、ずっと良くて1泊350円。チェンマイ、おすすめです。

やすくてきれい!チェンマイでおすすめの格安ゲストハウス

2017年11月6日

プーケットは、ビーチリゾートなので滞在費は高めになります。大概のゲストハウスが750円くらいかかります。なかには安い場所もあって、僕がカロンビーチで泊まったゲストハウスは500円ほどで泊まれました。しかも豪華な朝食がついてきます。

3. 旅費交通費は85,843円

空から眺めるメコン川

神奈川県からタイの名所を巡ってラオスにも行ったのに、約85,000円で済んでいます。安く、そして安全に移動するために様々な乗り物を選びました。LCC飛行機、寝台列車、スローボート、バスなどです。

移動はどうしても費用が重なります。だけど、安さを追求しすぎると、安全性が乏しくなる。ですから、安くて安全性がある方法を選ぶのが良いと思います。安さだけを考えると、痛い目にあいます。

ちなみにエアアジアで4ヶ月以上前から予約をしていれば、成田からバンコクまで2万円代で行けます。僕は56,000円払いましたけどね。

例えば、バンコクからチェンマイへは寝台列車で行けます。2等寝台列車で1,846円です。寝台列車の様子は記事にまとめたので、読んでみて下さい。寝台列車はおすすめです。

【ニ等寝台列車】バンコクからチェンマイまで電車の体験談と行き方

2017年10月25日

チェンマイからラオスのルアンパバーンに移動したときは、スローボートに乗りました。スローボート代は4,654円です。宿泊代や食事代を含めたトータルの金額は9,000円ちかくになります。

スローボートについても記事にしてありますので、読んでみて下さい。苦労が多い船旅でしたけど、楽しかったです。

【メコン川の船旅】タイからラオスへスローボートで移動する方法

2017年11月25日

ルアンパバーンからバンコクへは飛行機を使いました。エアアジアでかかった費用は10,787円です。

ラオスでは、まだ舗装されていない道をよく見かけました。この道をバスが通るのかと思うと、かなり揺れそうですし、安全面を考えれば当然不安になりました。

もうラオスでバスを乗る気持ちになれなくて、飛行機にしました。お金はかかるけど、これは仕方がないですね。

また、バンコクからプーケットへは夜行バスを使いました。値段は3,148円です。一番クラスが上のVIPバスでこの値段です。リクライニングがあるので、そこまで疲れなかったです。

4. お金のかかる遊びをしていない

僕が安く旅をできている大きな理由は、アクティビティツアーを利用していないや飲み歩いていないからです。

僕が求めていたのは、日本にいるときと同じようにタイで生活をすることだったので、特別なことはほとんどしませんでした。だけどお金に余裕があれば、象とふれあうツアーに参加したかった。

アクティビティツアーに参加していない

例えば、チェンマイなら象とふれあうツアー、首長族に会うツアー、マッサージを習うなどアクティビティーがたくさんあります。象とはふれあってみたかったけど、あまり乗り気になれなくて、結局参加しませんでした。

プーケットも同じで、ダイビングやサーフィンをすればいいですけど、参加してない。もっともサーフィンはやりたいのですが、使い捨てコンタクトが手もとになくて諦めました。何も見えない状態で、海に入るのは恐い。

唯一、参加したアクティビティをあげると、バンコクマラソンです。これは東京で働いているときにスポーツナビDoで予約しました。

マラソンを参加した理由は、趣味というよりは海外にいくきっかけ作りのためです。マラソンに参加すれば、世界各地に行く理由ができます。それに、知らない街並を走るのは楽しい。

お酒をあまり飲んでいない

もうひとつの安く旅ができている理由は、お酒をほとんど飲んでいないからです。

僕がタイで仲良くなった友達は、ほとんどがお酒を飲むタイプではなかったからです。だから付き合いでお酒を飲むことがほとんどありませんでした。

不思議と一人ではお酒を飲む気持ちになれなくて、飲んでないですね。なんでだろう。海外だから、一人で酔っぱらうと危ない気持ちがあるからですかね。

プーケットにきてからはワインかウィスキーをボトルで買って、ちびちび飲もうかなと考えました。

結局、そのまま堕落した生活を送りそうなので辞めておきましたけどね。東京で働いていたときは、ほぼ毎日飲んでいたのになあ。わりと健康的な生活しています。

まとめ

安く旅をしているポイントをまとめます。

  1. 1食あたり約150円で済んでいることやゲストハウスで朝食がでているため、2ヶ月間で食費が26,000円以下に抑えられることができました。
  2. 1泊600円ほどで泊まれるゲストハウスに滞在しているので、2ヶ月間で宿泊費が33,000円以下に抑えることができました。
  3. 安全性を考慮入れつつ、LCC飛行機、寝台列車、スローボート、バスなどを利用することで安く移動することができました。
  4. アクティビティツアーや飲酒を控えているので、安く旅ができています。

費用の50%は旅費交通費です。そして、20%ずつ宿泊費と食費がかかっています。残りの10%は消耗品費などの細かい費用です。

あとがき

この記事を書いていて、つくづく感じたのが、飛行機代に関しては、もう少し安くできたと感じています。もっと早くにエアアジアで予約をしていれば、2万円代でバンコクまで行けたのに。

それ以外の費用に関しては、まったく後悔はないです。安く楽しく旅しています。




スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ピースボートに乗船して17カ国で400人の外国人にモットーを聞いてまわりました。 旅の醍醐味は人との出会いだと信じています。 村上春樹とパールジャムといぬが好き。走ったり泳いだりしてます。