英語ができる人に共通しているささいなこと

みなさん、こんにちは。モトです。英語が上手なひとって少なからず共通点があるものです。そのうちのひとつに洋楽が好きなことがあります。僕らにとって、英語ができるとは、基本的に英会話ができることをさしていると思います。僕もそういった意味合いで、英語ができる人は洋楽好きが多いと思います。

僕自身のことを少し書きますと、二十歳でピースボートに乗船して、世界一周するなかで英語によるコミュニケーションの必要性を感じました。その後、フィリピン語学留学を経て、外資系の会計事務所で働いています。

僕が出会ってきた多くの英語に自由な人たちは、共通して洋楽をよく聞いています。そして洋曲を歌います。英会話上達のためには、たくさん話す必要があります。しかしながら、日本にいながら英会話をする機会は皆無と言っても過言ではないです。そこで、洋曲を歌い、多くの英文を発音するのです。それによって発音のための舌の動きや唇の形を覚えていきます。そしてイントネーションも。

 

英語ができる人は発音を意識している

英語は日本語にない独特の音があります

まず英語学習の前提として、自らが話せない言葉は聞き取れません 。つまり、自身が正しく発音をできないとネイティブの発音を聞き取れないことになります。

多くの日本人がネイティヴの話す英語を聞き取れないのは、英語独特の音を正しく聞き取れていないからです。例えば、日本人には「th」と「s」の違いを聞き取れていない人がいます。「th」の音は、日本語にはない音で、発音するためには、舌と唇の使い方を覚えなければなりません。体で覚えるまでには時間がかかりますが、一度覚えてしまえば、忘れることはありません。ちょうど自転車と同じようなことです。乗り方をいったん覚えてしまえば、長い期間あいて自転車に乗っても、運転できますよね。

発音は好きな洋楽を歌うことで慣れる

正しく発音するためには、舌や唇の動きを覚えて、何度も発音するしかないと思います。そして発音練習を楽しくできるのが、洋楽を歌うことです。好きな曲さえできてしまえば、あとは簡単です。歌詞を覚えるまで、歌詞を見ながら歌えばいいんです。例えば、ビートルズの ”I Saw Her Standing There”を歌う時は、”L”の発音に気をつけようとか、サイモン&ガーファンクルの”America”を歌う時は、”R”の発音に気をつけようと。

どこ曲を歌えばいいか分からない人へ

考えればキリがないのですが、僕が洋曲に出会って初期の頃(2014年頃なので、ほんの最近です)に、歌いやすく、何度も聞いてもあきなかった曲たちを紹介します。

  1. The Beatles

ビートルズのことは中学生の頃の授業で初めて知りました。僕が出会った英語教師はみんなビートルズが大好きでしたね。僕もすきですけど。ビートルズは歌詞が短く、単語も優しいのでとても歌いやすいです。

聴いてみてほしい曲

  • Norwegian Wood
  • Nowhereman
  1. Bob Dylan

初めてボブ・ディランの歌声を聞いたときはびっくりしました。その声色がとてつもなく特徴的だったからです。はっきり言って、僕の方が良い声をしているなと思いました。けれど、なぜかまた聴きたくなるような何かがそこにあります。そして歌詞は素晴らしいものばかりです。単語や文法が少し難しい曲もありますが、ぜひ聴いてほしいです。

聴いてみてほしい曲

  • Like A Rolling Stone
  • Knockin’ on Heaven’s Door
  1. Queen

フレディー・マーキュリーがゲイだってことは知っていました。あとドラマでよく流れていた”I was born to love you”とか”We Will Rock You”などは聴いたことがありました。よく探してみると、Queenにも素晴らしい曲がたくさんあります。またライヴィの演出がユニークで、ぜびYouTubeなどで見て頂きたいです。

聴いてみてほしい曲

  • Bohemian Rhapsody
  • Love of My Life

あとがき

話すことと聞き取ること、読むことと書くこと

僕はこれまでたくさんの英語学習に関連する本を買い、そして読みました。残念ながら、この中で、実際に役に立ったと感じる本は2冊ほどでした。けれども、この2冊でさえ、英語学習において、基礎となる大切なことについて書かれていないのです。その大切なこととは、なんども言ってきましたが、英語を正しく発音するということです。

発音を学ぶことは大切です。なぜなら、もしあなたがある英語の音を発音できなければ、あなたはネイティヴが話す音の違いを聞き分けられるようにならないからです。読むことについても同じことが言えます。自分で書けない文章の構造や扱えない単語について、読んで理解することができません。

発音に関してなんども言ってきましたが、日本人訛りの英語を話していいと思うんです。だけど、発音は方法はしっかり身につけた方がいいと思います。




スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ピースボートに乗船して17カ国で400人の外国人にモットーを聞いてまわりました。 旅の醍醐味は人との出会いだと信じています。 村上春樹とパールジャムといぬが好き。走ったり泳いだりしてます。